ベッセル・ジャパンの強み

ベッセル・ジャパンの強み

ベッセル・ジャパンの企業理念は「クオリティ・ファースト」

品質向上・品質管理のために最新鋭の「クリーンルーム」を開設

ベッセル・ジャパン
ベッセル・ジャパンの企業理念は「クオリティ・ファースト」。何よりも品質の向上と管理を最優先に考え、お客様に信頼性と安定性に優れた製品群を提供できるように努力しております。管理の上で、いま注目を集めているものの一つがダスト(塵芥)対策です。ダストの混入・付着により、商品魅力が損なわれ、ブランドイメージの低下を招くといったケースも少なくありません。

そこで、当社ではロジスティックセンター(富山県・立山町)内に最新鋭の「クリーンルーム」を開設しました。微小・微量のダストの混入・付着を許さないクリーンルームシステムを構築することで、より信頼性の高い製品を、お客様に提供して参ります。

幅広い産業分野でダスト対策が重要性を増し、「クリーンルーム」に注目が集まっています

洗浄度クラスの上限濃度

ナノテクノロジーに代表されるように、高密度・高精度な製品が増えるとともに、品質管理の面で重要となってきたのがダスト(塵芥)対策です。
たとえば、ICやLSIといった半導体技術を多用する電気・電子機器の製造では、微小レベルの埃が付着するだけで半導体が正常に機能できなくなり、結果的に不良品や製造の歩留まりを悪化させる要因となっています。

こうしたダスト対策は、バイオテクノロジーを駆使する医療・医薬品、化粧品、食品等の分野でも重要視されています。
この様な状況の中、ダスト対策で最も注目を集めているのが「クリーンルーム」です。

「クリーンルーム」に求められる4つの基本原則
これらを満たすためには最新のテクノロジーと機器が不可欠です

クリーンルームとは、専門的には「空気中における浮遊微小粒子、浮遊微生物が限定された洗浄度レベル以下に管理され、また、その空間に供給される材料・薬品・水などについても要求される洗浄度が保持され、必要に応じて温度・湿度・圧力などの環境条件についても管理が行われている空間」ということになります。
以上を簡単に申し上げますと、「塵や埃がない空気清浄度の高い空間」となるのですが、この空間を構築するためには最新のテクノロジーと機器が重要となってきております。
クリーンルームの清浄度を維持・向上させるために、次の4つの原則に留意し、施設を設計・管理・運営することが必要となります。

  1. 微粒子を持ち込まない
  2. 微粒子を排除する
  3. 微粒子を発生させない
  4. 微粒子を堆積・増殖させない

この4つの原則をクリアして、初めて「クリーンルーム」と呼ぶことができるのです。

4つの基本原則

「クリーンルーム」の4原則をクリア。ダストの混入や付着を防ぐ、搬入・洗浄・検査・箱詰め・搬出の流れを実現しました

当社の「クリーンルーム」は、最新鋭の設計技術と機器を採用することで上述のクリーンルーム4原則をクリアし、人や荷物に付着する微小・微量レベルのダスト(塵芥)も除去する事が可能になりました。
クリーンルーム内は空気清浄度USA規格クラス10,000を実現。ダストの混入や付着を心配することなく、搬入・洗浄・検査・箱詰め・搬出のワークフローを実現いたしました。

搬入・洗浄・検査・箱詰め・搬出

エアブロー&バキューム室

エアブロー&バキューム室

クリーンルームにダストが混入するリスクが最も高くなるのが荷物の搬入・搬出時。そこで搬入口に高性能なエアブロー&バキュームシステムを導入しました。
微小・微量のダストも見逃さずに強力なエアブローで払い落とし、吸入口から確実にバキュームする事で、ダストの混入・付着を未然に防止します。

クリーンルーム(検査室)

クリーンルーム(検査室)

クリーンルーム全体に空調設備・陽圧ダンパー・加湿器を適宜配置することで、常にクリーン度を維持する(微粒子の侵入・発生を防ぐ)設計になっています。

箱詰め室

箱詰め室

箱詰め作業においても、外気によるダスト混入を未然に防止する最新の空調設備を設置して、クリーンな状態での箱詰め作業を可能にしました。
さらに、静電気によるダストの付着を防ぐため「イオナイザ」を導入し、精度を高めています。


Copyright(C) Vessel Japan Co.,Ltd. All rights reserved.