SDGsとは

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された,2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

私たちベッセル・ジャパンはSDGsの趣旨に賛同し 、世界の持続可能な社会の実現のための共通課題・社会的責任として取り組む
べきものと捉え、私たちの活動分野である「化粧品容器の製造・販売」を通して、持続可能な世界の実現に向けた企業活動を推進し、豊かな社会づくりに積極的に貢献してまいります。

地球にやさしい容器の製造・販売

  • バイオマスプラは、焼却した場合でも、そのカーボンニュートラル性から大気中のCO2の濃度を上昇
    させないという特徴があります。
  • 日本バイオプラスチック協会認定のBPマーク使用登録製品です。
  • 再配達が不要となりドライバーの負担と配送車のCO2排出量を軽減します。

目標:2025年までに、環境配慮型素材を用いた製品の販売比率50%を目指します。

すべての従業員が安心して働ける環境づくり

  • 港区ワークライフバランス認定企業
  • 女性管理職の比率50%以上
  • 正社員登用事例 10件以上
  • 障がいのある方でも働きやすい職場環境づくりの為、社内手すりの設置やタイムカード設置場所の変更
  • 育児休暇取得、復帰後の時短勤務体制の導入

社員教育制度の拡充

  • 外部機関を用いた社内教育制度
  • 資格取得サポート

社員と地域の健康と安全をサポート

  • 従業員へマスクの配布
  • 立山町へマスクの寄付
  • 健康診断受診率100%
  • 安全衛生委員会を設置し、職場内の安全衛生の対策
  • 見直しを定期的に行なっている
  • 新型コロナウイルス感染対策で、来客室・会議室・社員休憩室にパーテーションを設置
  • 社内複数個所にアルコールの設置、入口には非接触温度センサーを設置

身近なことから環境への取り組み

  • 自転車移動を導入し、近場の外出については自転車移動を推奨
  • 社内節電
  • クールビズ導入
  • 裏紙の活用
  • ペーパーレス推奨
  • 全社員への会議資料出力を廃止し、データ化
  • 業務報告書の出力廃止
  • サンプル送付時の袋を植物由来の原料を30%配合、環境に配慮した袋を使用
  • 営業車全て、ハイブリッド車を活用

目標:2025年までに紙の使用量50%削減を目指します。